音楽

まさかのCD化






日本コロムビアのサイトにて情報が更新されているので、既にご存知の方も多いかと思いますが。

「宇宙戦艦ヤマト2199 ヤマト音楽団 大式典2012」

2013年2月27日にCD発売だそうです。

えーっと……なんだか肩透かし感が否めないんですけど。

なんでCD???

せっかくならDVDとか映像もつけてくれればいいのにー。

それとも、映像は別のところで特典映像みたいになるのかな?

んーよくわかりませんけど、てっきりDVDにでもなるかと思っていたのでちょっと意外でした。

トーク部分とかはどうなるんでしょうね?

なんだかイマイチ想像ができないのですが……でもちょっと楽しみです。






話は変わりますが。

いやはや……この一週間はなんだかとっても慌しかったです。

なんでこうなっちゃったのか、自分でもよくわかっていないんですが(笑)、降って沸いたような突然の出来事といいますか、なんでこんな流れになっちゃったんだろう……っていうことがありまして。

おかげでこの1週間(いや、もうちょっとかな?)、ずーっとバタバタと慌しくしておりました。

今日も朝から、超~頭を使う話をしてきたり、明後日もクリスマスイブだというのにちょっとした小難しい話をしに行かねばなりません。

たぶん、仕事並みかそれ以上に頭をフル回転させているので、さすがに疲れてきました(笑)

でもまぁ、とりあえず結論を出して、なんとなくあとは流れに沿っていくだけかなーと思っているので、このまま流れに乗っていこうと思います。



なんとなく思うんですけどね。

過去を振り返ってみると、自分の選択が間違っていたり、間違った方向に進んで行こうとしているときって必ずといっていいほど邪魔が入るんですよね。

物理的な障害な場合もありますが、私の場合はたいてい身体を壊すんです。

(突然高熱を出して一週間寝込む、とかw)

今回の件は相当大きな出来事だったのですが、とりあえず邪魔は入っていないし、邪魔どころか一気に物事が進んでしまってついていけない……ぐらいの勢いになっているので、この流れは間違っていないと信じたいなーと思います。





ところで。

先日、一足早いクリスマスプレゼントをいただいてしまいましたー

Finanche1



なんだかわかります?

これ、フィナンシェなんですよー!

ものすっごく美味しいです!!!

実は、先月の大式典の後に某さまとの会話がきっかけで送っていただいてしまったんです。

フィナンシェとは聞いていたのですが、よく見かける焼き菓子の小さなフィナンシェを想像していたので、届いてみてもうビックリでした。

ボリュームもあるので満足感もすごいです。

こちらのお店はお料理もとても美味しいそうなので、いつか足を運べると良いなぁ~と思っています。



さて、明日はコンサートだ!(笑)

寒くなりそうですが、頑張って行ってきまーす!






ヤマト音楽団大式典2012


「宇宙戦艦ヤマト2199 ヤマト音楽団大式典2012」


1回目・昼公演に行ってまいりました。




さて……何から書けばいいのやら、と迷ってしまいますが、思いつくまま気ままに書いてみることにします。




最初の予定では、昼前に舞浜に着くようにして、イクスピアリでランチをしてから会場入りしようかと思っていました。

が!

昨晩、夜中に胃痛&腹痛で眠れなくて(苦笑)

結局、11時まで起きれませんでした……

そんなわけで、身支度をして、軽く食事をして、電車に乗ったのが12時半。

会場に到着したのが13時半前ぐらいかな?

入口の手前で少し会場を眺めたり写真を撮ったりしていると、ヤマパ等でお目にかかっている某様方に遭遇~。

一緒に記念写真(?)なんかもしちゃったりしてからの会場入りとなりました。

ロビー脇の物販コーナーは長蛇の列・列・列……

「今並ばれても開演には間に合いません~」のアナウンスが空しく響いておりましたw

今回販売されていたグッズ類で持っていないのは、大式典限定のクリアファイルぐらいでしたし、あの列に並ぶ勇気はないなーってことで、あっさりと諦めて別のほうへ行ってみました。

入口正面にはお祝いのお花があったり、

Daishikiten_3

公式サイトでも紹介されていた前田建設の看板とか。

Daishikiten_1

その反対側には、模型類の展示なども。

Daishikiten_2

話が逸れますが、通っている歯医者の近くに建設中の建物の施工会社は前田建設です(笑)

昨日たまたま通ったときには看板はありませんでしたけど、これから設置されるんでしょうかねぇ……またチェックしてみなくてはw

まぁそんなことはどうでもいいので、話を戻しましょう。

今日のチケットはプレミアム会員枠で取ったものだったわけですが、席はなんと1列目!

まさかの最前列・中央寄りの席です。

でも今回は大編成の吹奏楽の演奏と11話の先行上映です。

音の聞こえ具合と映像の見え具合が心配だったのですが、吹奏楽団は奥側に配置されてましたし、スクリーンも同様にある程度の距離があったので、心配したほどのことではありませんでした。

難があったといえば、座った状態からだとステージを見上げるようになってしまうので、吹奏楽団の奥のほうの様子やステージ全体の様子がわからないといったことでしょうか。

でも、弧を描くような特殊形状のステージの張り出した部分は基本的に使われなかったので、その距離がなかったらもっと見えづらかったのかなぁ…と思います。

席について始まるまで、席をお知らせしてあった某さまが会いにきてくれたり、こちらからご挨拶に行ったりしているうちに開演時間となりました。




さて。

本日のプログラム三部構成。

まず第一部は「ヤマトサウンドの世界」と題する吹奏楽団によるヤマト音楽の演奏。

第二部では2199・11話の先行上映。

第三部はヤマトの様々な歌をささきいさおさんはじめ歌手の方々が歌い上げるというものでした。

では、第一部から、式次第に沿って順に記憶を辿ってみたいと思います。




************


第一部は以下のような内容でした。



第一部/ヤマトサウンドの世界

NO.1  オーバーチュア

NO.2  組曲「宇宙戦艦ヤマト」

      I.序曲  II.宇宙戦艦ヤマト  III.出撃  IV.大いなる愛

NO.3  探索艇

NO.4  無限に広がる大宇宙

NO.5  艦隊集結

NO.6  地球を飛び立つヤマト

NO.7  コスモタイガー(Wan・Dah・Bah)

NO.8  ガミラス国歌「永遠に讃えよ我が光」

NO.9  銀河航路

NO.10 ヤマト渦中へ

NO.11 大河ヤマトのテーマ





まずオーバーチュアはこの日のために作った曲、っていう認識でいいのかな?

これはもうそのままヤマトのテーマをアレンジしたものでした。

最初こそ司会の太田真一郎さんの挨拶と宮川彬良さんとのやりとりで始まりましたけど、その後は彬良さんの解説を交えながら、曲の演奏が進んでいきました。

ヤマトの音楽が生み出された1974年にどんな出来事があったのか……という話からお父上・宮川泰さんのお話など、いろんな話が挟まれていきます。

ここ最近の彬良さんの演奏会ではいつも話されていることですが、「ヤマトはロック」ということで「探索艇」の演奏があったり。

「無限に広がる大宇宙」だったかと思うのですが、すぎやまこういち先生がこの曲を絶賛していたそうで、宮川泰先生がとても喜んでいた、といった話とか。

「虹の彼方へ、みたいな曲を」とリクエストされて「イスカンダル」の曲ができた話とか。

「ベン・ハーみたいな曲を」といって、「艦隊集結」とか。

しかもその曲の一部はドレミファソラシド!(笑)

プロデューサーの無茶振りから出来たヤマト音楽の数々……といったお話でありましたw

あとはですねぇ……音楽や演奏についてどうこういう立場にはないので、それ以外の部分での個人的な感想になってしまいますが。

「無限に広がる大宇宙」でのスキャットは、今回は実写版のときにも歌われていたYuccaさんが登場したわけですが……舞台上手から登場し、中央とか脇でそのまま歌うのかと思いきや、そのまま下手に消えていった!(笑)

あれはちょっとびっくり、というか笑えてしまったんですけど……私だけですか?(笑)

他には、通称“ワンダバ合唱隊”なんですけど、その中の一人が知り合いの同業者にそっくりで笑ってしまったり。

それに、生演奏&生歌でのワンダバは良いものですね!

そういえば、そのワンダバを入れてくれ、と言われた話を彬良さんがお話してましたけど、それも楽しかったです。

(チーフディレクター(?)が「鼻で歌えたから大丈夫だ」と強力にプッシュしたのだとかw)

あとは…「銀河航路」の生歌を聞いていたら、ついつい2199第一話を思い出してジーンときてしまったり。

その他、所々で、なんというか鳥肌が立つような感覚が何度かあって、とても良かったと思っています。






************




第二部/第11話「いつか見た世界」先行上映

 (「宇宙戦艦ヤマト2199」第四章「銀河辺境の攻防」より)



これについてはネタバレになってしまうので、ここで語るのは控えさせていただきます。

ますます続きが気になる……とだけ言っておきますw




************






第三部/主題歌による「宇宙戦艦ヤマト」の世界


NO.12  宇宙戦艦ヤマト   (「宇宙戦艦ヤマト」シリーズより)

NO.13  テレサよ永遠に   (「宇宙戦艦ヤマト2」より)

NO.14  ヤマト!!新たなる旅立ち  (「宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち」より)

NO.15  ヤマトよ永遠に   (「宇宙戦艦ヤマトIII」より)

NO.16  ラブ・シュープリーム~至上の愛~  (「宇宙戦艦ヤマト完結編」より)

NO.17  星が永遠を照らしてる  (「宇宙戦艦ヤマト2199」より)

NO.18  美しい地球を知る者よ  (「宇宙戦艦ヤマト2199」より)

NO.19  真赤なスカーフ       (「宇宙戦艦ヤマト2199」より)

NO.20  宇宙戦艦ヤマト      (「宇宙戦艦ヤマト2199」より)









第三部では、ささきいさおさん、Yuccaさん、結城アイラさん、美郷あきさんが順に歌を披露してくださいました。

まず、ささきさんが登場して宇宙戦艦ヤマトを熱唱!

その後、続けてささきさんボーカルの歌が続いたわけですが……司会の太田さんが、“「テレサよ永遠に」から「ラブ・シュープリーム」までの4曲を披露していただきます”というニュアンスで紹介したものだから、私はつい、「ええ?!ささきさんがラブシュー歌うの???」と思ってしまいました(笑)

それは違ったのでよかったんですけど、あれはちょっとビックリしたなーw

それよりもなによりも、ささきさんの生歌で「テレサよ永遠に」、「ヤマト!!新たなる旅立ち」、「ヤマトよ永遠に」が聞けたのは本当に感動ものでした!

ささきさんによると、「ヤマトよ永遠に」はレコーディング以来、歌ったことがないのだそうです。

そのせいか、歌詞がごちゃまぜ~(笑)

そこは2番の歌詞ですよ!とか、それは1番ですよ!とか、心の中でツッコミをいれてしまいましたw



その後は、彬良さんとYuccaさんが登場。

彬良さんのピアノでYuccaさんがラブシューを歌ってくれました。

えーっとたぶんですけど、こちらも若干歌詞が間違ってた気がするんだけど……気のせい?w



そしてお次は結城アイラさんで「星が永遠を照らしてる」。

緊張されてたのかなぁ……ここでも歌詞を間違えてました。

そしてとってもお気の毒だったのが、2番の終わり?あたりで音響トラブル発生!

カラオケの音が同じところを繰り返したりぶつぶつ切れたり……で、そのまま終了。

ええーそれで終わり?って思ってしまいました……。

最後に彬良さんもおっしゃってましたけど、これが生演奏だったらこんなことは起こりえなかったわけですよね。

せっかくの大式典、歌も全部生演奏だったらなぁ……と、ちょっと残念に思いました。



そして、美郷あきさん登場。

「美しい地球を知る者よ」を歌われたわけですが、私はただただ上手いなーって思いながら聞いてました。

先日、カラオケで初めてこの歌を歌ったんですけど、音のアップダウンが結構あるから歌いにくい部分があるんですよね。

それを軽々と歌ってらして、ちょっと羨ましかったです。

あ、美郷あきさんは唯一歌詞を間違えずに歌ってた……はずw



そして再びささきいさおさんが登場して「真赤なスカーフ」熱唱です。

あ、2199のEDには各章の映像がバックのスクリーンで流れていたので、歌と一緒にいろんなシーンを思い出すことができてとてもよかったです。

(ただ、私の席では証明のハレーションのせいか、映像はかなり見づらかったですけど)



そして最後、出演者全員が舞台上に揃いご挨拶。

会場の観客も全員起立をし、彬良さんの指揮&音楽団の演奏で「宇宙戦艦ヤマト」を合唱しました。

これまでいろんなイベントなどで一緒に歌ったりしましたけど、大音楽団の演奏で歌うのはやはり良いものですね。

最後の拍手もなかなか鳴り止みませんでした。






というわけで、ざっくりとコンサートの様子を書いてみました。

記憶のみを頼りにしているので、勘違いしてるところや忘れているところも多々あると思いますが、また思い出したら加筆修正したいと思います。








「宇宙戦艦ヤマト2199 ヤマト音楽団大式典2012」

@舞浜アンフィシアター



指揮: 宮川彬良


演奏: ヤマト音楽団

 (大阪市音楽団、土気シビックウインドオーケストラ)


コーラス: Yucca、東京混声合唱団


歌手: ささきいさお、結城アイラ、美郷あき


司会: 太田真一郎


ナレーション: 内田彩(岬百合亜 役)


製作: 宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会






アニメピアノ組曲 宇宙戦艦ヤマト/機動戦士ガンダム




久しぶりに立ち寄った最寄り駅近くの古本屋さんで偶然発見!

保護してまいりました~


『アニメピアノ組曲 宇宙戦艦ヤマト/機動戦士ガンダム』

東京音楽書院 昭和58年1月25日発行

Gakuhu_yamato_gundam



同時期にコロムビアレコードから発売された同タイトルのアルバムの楽譜集です。

収録曲は以下の通りです。



「宇宙戦艦ヤマト」

・宇宙戦艦ヤマト~序曲・誕生~

・真っ赤なスカーフ~追憶・回想・イスカンダル~

・想人~大いなる愛・スターシャ・白色彗星~

・大いなる愛~デスラー孤独・好敵手・ヤマトより愛をこめて~

・試練・出発・決戦


「機動戦士ガンダム」

・翔べ!ガンダム~悲愴・そして決然と・長い眠り・安堵~

・戦いへの恐怖~ガンダム大地に立つ・颯爽たるシャア~

・シャアが来る・いまはおやすみ

・アムロの旅立ち~苦い勝利・平和への祈り~

・艦隊宇宙へ・戦場を疾風のように





ヤマトの楽譜は過去にご紹介したこれとかこれとかこれなんかがありましたが、この楽譜の存在をすっかり失念しておりました。

なので、古本屋さんで発見したときには思わず「うおーーーっ!」と声を出しそうになってしまいましたよ(笑)

近年出版されたものは別として、楽譜は元々持っている人が少ないし持っている方はなかなか手放さないと思うので、こうして古本屋さんでめぐりあうのは奇跡に近い気がします。

イマドキのアニメの楽譜の狭間にひっそりと佇むヤマト&ガンダムの楽譜…よくぞここに出てきてくれた!と涙が出そうでした。

30年ほど前のものなので、ヤケやしみなども若干ありましたけど、楽譜自体はまったく問題ありません。

保護できて本当に良かったです。

こういうめぐりあいがあるので古本屋さんめぐりはやめられませんね。

既に持ってるにも関わらずついつい保護してしまう場合もあって、それはどうかとも思いますが(笑)

でも「欲しい!」という方には少しずつお譲りしたりしているので、ちょっとでもお役に立てていれば良いかなーなんて思っています。

ま、それも自己満足といえばそうなんですけどね(笑)

また何か素敵なめぐりあいがあればここでご報告したいと思います♪




シエナ・ウインド・オーケストラ





昨日、行ってきました。

『シエナ・ウインド・オーケストラ 第34回定期演奏会』

プログラム等はリンク先を見ていただくこととして。

シエナは初めてだったんですが、とても楽しかったです。


「ヤマト」は宮川彬良さん編曲の「組曲」1曲だけでしたけど、なんだかいろいろと思い出したりもして。

以前もここで書いたと思うんですが、小学校から高校までずっと吹奏楽部だったんです、私。

小学校ではフルート。

中学ではトロンボーン。

高校は、最初はトロンボーンだったけれど、辞めちゃった子の穴埋めで途中からユーフォニウムに。

最初にヤマトを演奏したのはいつだったんだろう?

小学校だったのか中学校だったのか…。

中学の時は顧問がヤマトファンだったから、ある年の文化祭はアニソンだらけ(「999」、「1000年女王」、「ガンダム」)で極めつけは「さらば」の序曲だったよなぁ(遠い目w)

パイプオルガンのかわりに顧問の先生自前のシンセサイザーで白色彗星のとこを演奏したり、美術の先生の歌入り「真っ赤なスカーフ」も登場したり(笑)

とにかくヤマトは演奏していて気持ちよかった。

たしか体育祭の入場行進の時にも演奏したと思うし、もしかしたら高校野球の応援のときにも演奏したかもしれない。

細かいことは忘れてしまったけど、オーケストラとは違う吹奏楽のハーモニーは埋もれた記憶を呼びさましてくれました。

ついついトロンボーンのほうを注目してしまったんだけど(笑)、手の動きを見ていたら当時どのパートを吹いてたのかまで思い出したりもして。

なんだか懐かしさにひたってしまいました(笑)



他の曲もね…特に第1部なんかは吹奏楽コンクールの課題曲とかもあったんだけど、あーたしかに課題曲ってこんな感じだったよねーって思い出したり。

そうしたら、すっかり忘れてたコンクールのときのことまで思い出したりもして。

ソロパートでめちゃくちゃ緊張して汗だくになったことを鮮明に思い出しちゃいました(笑)

こんなにいろいろと、まるで走馬灯のように思い出すなんてどうなってるんだ私、って思ってしまいましたけど。

そして、走馬灯のように思い出す…というと星新一さんの「午後の恐竜」まで思い出す始末

本当にどうかしてますね(笑)



最後は、あれだけたくさんの楽器が一斉に鳴らされると圧巻でした。

今回、2階席だったんですけど十分に伝わってきました。

本当に楽しかったです。

また行けるといいなーとは思いますが、その前に体調を整えなくては。



余談ですが、今日もまた検査でひっかかりました

あーもういい加減にしてほしい…

まぁしょうがないので、開き直ってみようかと思います。









保存版 「宇宙戦艦ヤマト 音楽全集」



保存版 「宇宙戦艦ヤマト 音楽全集」
 東京音楽書院  

Yamato_ongakuzenshu


ずーっと手に入れられなかった音楽全集。
やっと入手いたしました~♪
とはいっても、初版ではなくて第二刷ですけど。
それに、状態もお世辞にも良いとは言えないけど。
でも中身は一緒だろう…(たぶん)、ということでゲットしてしまいました。

以前このブログで紹介した同じく東京音楽書院から出ていた楽譜「ピアノ弾き語り サウンドアニメ 宇宙戦艦ヤマト」「ピアノ弾き語り サウンドアニメ 宇宙戦艦ヤマト完結編」の2冊に入っていなかった曲も何曲か掲載されています。

曲目は以下の通りです。


<宇宙戦艦ヤマト・主題歌、挿入歌集>

・古代とヤマト/ささきいさお
・宇宙戦艦ヤマト’83
・ラブ・シュープリーム/八神純子
・ヤマトの賦-海神/ささきいさお
・明日に架ける虹/トランザム、桑江知子
・二つの愛/桑江知子
・ヤマトよ永遠に/ささきいさお
・別離/堀江美都子
・愛よその日まで/布施 明
・銀河伝説/岩崎宏美
・星のペンダント/ささきいさお
・おもかげ星/堀江美都子
・愛の生命/岩崎宏美
・ヤマト新たなる旅立ち/ささきいさお
・サーシャわが愛/島倉千代子
・テレサよ永遠に/ささきいさお
・ヤマトより愛をこめて/沢田研二
・好敵手/ささきいさお
・星に想うスターシャ/ささきいさお
・真赤なスカーフ/ささきいさお
・宇宙戦艦ヤマト/ささきいさお

<宇宙戦艦ヤマト・BGM集>

・ウルクの大テーマ
・ウルクの歴史
・水の星アクエリアス
・ヤマト悲愴なる出撃
・ユキ
・Fight!コスモタイガー
・ディンギル星
・ユキの悲しみ
・ファイナルヤマト
・神秘の星アクエリアス
・新コスモゼロ
・悲しみ
・アクエリアス・レクイエム
・LOVE
・ルダ王女のテーマ
・ボラー連邦
・放浪のイスカンダル
・別離-愛しきものよ
・サーシャ<澪>
 ●出逢い
 ●幸せ
 ●わかれ
・愛し合う二人
・宇宙
 ●宇宙の静寂
 ●宇宙の神秘
 ●イスカンダル
 ●無限に拡がる宇宙
・愛
 ●大いなる愛
 ●再会
 ●想い-星空の彼方に
 ●愛のメロディ

<交響組曲 宇宙戦艦ヤマト>

・序曲
・誕生
・サーシャ
・試練
・出発
・追憶
・真赤なスカーフ
・決戦(挑戦、出発、勝利)
・回想
・イスカンダル
・明日への希望(夢、ロマン、冒険心)
・スターシャ

<宇宙戦艦ヤマト・ピアノデュオ>

・宇宙戦艦ヤマト
・真赤なスカーフ



この本の冒頭部分はカラーページになっていて、楽譜は載っていませんが「ヤマト10年の賦」の歌詞が掲載されています。
その後には主題歌・挿入歌のそれぞれについて絵と紹介文が載っています。
そしてカラーページの後には西崎Pと故・宮川泰先生のコメントがあり、そして楽譜ページが続くという仕様になっています。
曲順を見るとわかると思いますが、完結編から遡るような順になっています。
BGM集のページでは、主題歌と同様にそれぞれのシリーズの最初に絵と曲の紹介が載っています。
ページ数も約320ページありますし、まさしく楽譜の豪華本ですね。


この楽譜、ヤフオクやヤマパでのオークションではとっても高騰していました。
その時の値段に比べたらものすごーくお手頃な値段…
運が良かったとしか言いようがありません。
もしかしたら、まだまだあるところにはあるのかもしれませんね。
とはいっても楽譜なのでどのくらい発行されたのかはわかりませんが。
大切にしたいと思います。



当たった!




この時期、3月末頃まで実家にいることが増えるので、通販だとかいろいろなものの送付先を実家にしておくことが多いのですが。
今日、実家に来たらいくつか郵便物が届いておりました。

まずは先日の「さんま御殿」の賞金!
1~2ヶ月かかるかもと聞いていたのに早かったです。
嬉しいーーーー
早速、デアゴスティーニの引き落とし用に口座にいれなくちゃ(笑)

そしてもうひとつ。
復活篇主題歌「この愛を捧げて」のシングルを買われた方はわかると思うんですが、ジャケット違いの3タイトル購入者対象に特典がありましたよね?
Aコースがオリジナル・フォトフレームで20名、Bコースが35周年記念ジャケットステッカーで330名。
どうせ当たんないよなーと思いながら、当選数の多いBコースで応募してみたら…
当たったーーーーーっ!!!

Konoaiwosasagete_seal_2

ジャケットそのままのステッカーですけど、やはり当たると嬉しいですね!


なんだか今年はくじ運が良いのかしら?
期待してないからなのかなぁ?
あまり欲を出しすぎずに、いろいろ応募してみようと思います♪


日本フィル サンデーコンサート 「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト」



昨日、行ってきました。
日本フィル サンデーコンサート。
詳しい内容は、他のサイト様やブログなどで詳細にレポートされていることと思いますので、そちらを参考にしていただくことにして。(笑)


会場に入ってすぐ、ロビーにはこんなものが飾られていました。
(人が多くて、正面から写すことができなかったので見難くてすみません)


Nihonfil1

「真っ赤なスカーフ」の楽譜1枚目の写真。









Nihonfil2

交響組曲 宇宙戦艦ヤマトのジャケットの元になった絵。
(もう1枚は光が反射してしまってうまく撮れませんでした


あのジャケットは2枚の絵を組み合わせて作られたものなのだそうです。






さて。
コンサートは1曲目の「イスカンダル」から始まりました。
1部はヤマトの曲はこの1曲のみ。
2部が交響組曲のA面6曲です。
再生プロジェクトと名づけられたこの2部。
途中でささきいさおさんも登場し、そしてスキャットは錦織健さん!
男声でのスキャットはどうなんだろう?と思ったのですが・・・私としては、こういうのも良いかも、と思いました。
感じ方はそれぞれだと思うので、好みの問題とか受け止め方はいろいろだと思いますが。
私としては、あれだけ出るのはさすがだな~と思いながら聴いてました。
錦織さん、「真田工場長のつもりで歌う」とおっしゃっていましたがw、それよりも真田さんが歌うところを見てみたい~と思ったのは私だけではないはず(笑)


さて、そんなわけでじっくりと聴きながら・・・やっぱり生の音は良いなぁ、と。
単純にそんなことを思い、時々アニメのシーンを思い出し・・・昔、吹奏楽部で「さらば」の序曲を演奏したことまで思い出し・・・
やっぱりヤマトはいいなぁ、と。
結局最後はそこに行き着きました(笑)


交響組曲の楽譜、イスカンダルしか残っていないそうです。
再生プロジェクトとして、全曲演奏することを目指しているそうです。
いつか聴ける日を、楽しみに待ちたいと思います。



ところで。
コンサートが始まる前、短い時間ではありましたが某サイトオーナー様方とお話することができました。
お目にかかれた皆様方、楽しい時間をありがとうございました。
この場を借りてお礼申し上げます。



おまけ。
会場横の公園では、昨日たまたま「第10回カレーフェスティバル& バングラデシュボイシャキ メラ( お正月祭)」なるものが行われていました。
あのあたり一帯がスパイシーな香りに包まれて、そんな匂いに誘われて・・・。
ふと時計を見ると、帰りの電車にはまだ余裕がある・・・というわけで。

Nihonfil_curry

食べちゃったwww
「チキンカレー&ナン」
おいしかったー。ごちそうさまでした♪




ピアノ弾き語り・サウンドアニメ「宇宙戦艦ヤマト 完結編」


Kanketsuhengakuhu

今回ご紹介するのは、
ピアノ弾き語り・サウンドアニメ「宇宙戦艦ヤマト 完結編」 です。


東京音楽書院から昭和58年3月25日に発行された楽譜です。


主題歌・挿入歌が3曲、BGMが10曲掲載されています。
曲は以下の通りです。


<主題歌・挿入歌>


・古代とヤマト
・宇宙戦艦ヤマト
・ラブ・シュープリーム


<BGM集>


・ウルクの大テーマ
・水の星アクエリアス
・ヤマト悲愴なる出撃
・ユキ
・ウルクの歴史
・Fight!コスモタイガー
・ディンギル星
・新コスモゼロ
・ユキの悲しみ
・神秘の星アクエリアス



完結編の音楽といえば、羽田健太郎さんが思い浮かびます。
「永遠に」の「愛し合う二人」のピアノもとても好きでした。
ご冥福を謹んでお祈りいたします。

ピアノ弾き語り・サウンドアニメ「宇宙戦艦ヤマト」

Gakuhu


今日ご紹介するのは
ピアノ弾き語り・サウンドアニメ「宇宙戦艦ヤマト」 です。


東京音楽書院から昭和57年12月25日に発行された楽譜です。
上記のタイトル通り、ピアノ用の楽譜です。



26曲掲載されているのですが、前半が主題歌・挿入歌集、後半が交響組曲となっています。
曲は以下のとおりです。


<主題歌・挿入歌>


・ヤマトよ永遠に
・愛よその日まで
・星のペンダント
・銀河伝説
・サーシャ わが愛
・おもかげ星
・ヤマト!新たなる旅立ち
・ヤマトより愛をこめて
・愛の生命
・テレサよ永遠に
・星に想うスターシャ
・好敵手
・真赤なスカーフ
・宇宙戦艦ヤマト


<交響組曲・宇宙戦艦ヤマト>


・真赤なスカーフ
・決戦
・イスカンダル
・回想
・明日への希望
・スターシャ
・誕生
・序曲
・サーシャ
・試練
・出発
・追憶


東京音楽書院から出ている楽譜は他に完結編のものを持っています。
保存版の音楽全集もあるそうなのですが、未だにお目にかかったことがありません。
当時、実家から数分のところにあった楽器店によく通っていたのですが、そのお店にはアニメ系の楽譜の品揃えがなかなか豊富でした。
たぶんそこで見つけて買ったんだろうけど、ほとんど記憶にありません。
いつのまに買ってたんだろう・・・?


完結編のほうの楽譜についてはまた近いうちにご紹介いたしますね♪

宇宙戦艦ヤマト完結編 音楽集Ⅰ・Ⅱ

今回ご紹介するのは「宇宙戦艦ヤマト完結編 音楽集Ⅰ・Ⅱ」です。

Ongakushuu







ヤマトのサントラはほとんどコロムビアから出されているのですが、これは徳間ジャパンからアニメージュレーベルで発売されたものです。

当時我が家にはLPの聴けるプレイヤーがなかったのでカセット版の方を購入したのですが、今となってはある意味こっちのほうがレアかもしれません(笑)
後にCDで再販されましたが、「FINAL YAMATO BEST COLLECTION」という名前で2枚組みで発売されています。
ヤフオクなどネットで調べてみてもわりと高い値段になっているようです。


これがⅠのパッケージの裏面です。

Ongakushu1

収録曲は次のとおりです。



1.水の星アクエリアス  2.ウルクの歴史  3.ヤマト悲愴なる出撃  4.神殿部の斗い  5.雪の悲しみ  6.ウルクの大テーマ  7.アクエリアス45億年  8.移動要塞  9.新コスモゼロ  10.神秘の星アクエリアス


ほとんどの曲は他の完結編のアルバムに収録されていますが、9の新コスモゼロだけはこのアニメージュレーベルでしか聴けないのではないかと思います。
コロムビア版の「二人のコスモゼロ」と似てはいますが、私はこっちの曲の方が気に入っています。
さすがに曲をここに載せるわけにはいかないですが、どうしても聴きたいという方がいればご連絡ください。


続いてⅡの方の裏面がこちら。

Ongakushu2

収録曲は以下のとおりです。



1.二つの銀河  2.水没するディンギル星  3.ルガール総統の戦争  4.ウルクの猛攻  5.島を想う  6.古代君よかった  7.ディンギル少年のテーマ  8.FIGHT!コスモタイガーII  9.大魔神  10.薄幸のディンギル少年  11.沖田と古代(父と子)  12.悲愴のボレロ  13.SYMPHONY OF AQUARIUS


お気づきでしょうか?
パッケージに書かれている曲と収録曲のタイトルが異なるんです。
これはカセット版だけなのかLPもそうなのかわかりませんが、買ったときに包装してあるビニールの上に正しい曲名のシールが貼ってある状態でした。
そのシールがこちら(見にくくてすみません)。

Ongakushuseal








なかなかめずらしいですよね。
最初の予定だと曲数も違うということになりますね。
どんな事情があったのかよくわかりませんが。
しかし完結編はコロムビアから3枚、徳間から2枚とファン泣かせですよね。
文庫本だって3つの出版社から出ているし。
本当にお金のかかるシリーズです・・・。

より以前の記事一覧