書籍・雑誌

愛が見えない





夏に発売された「宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集 EARTH」。

もちろん予約して購入したんですけどね……入手してスリーブケースのロゴを目にした時、目が点になりました。

購入された方はおわかりですよね?

なんかどっかおかしくなかったですか?(笑)



初版ではヘンだったロゴですが、その後は修正されたという話を聞いてはいました。

でも実物は目にしてなかったんです。

そもそも本屋で並んでるところも見たことないですしね。

そんなわけですっかりそんなことを忘れていたわけですが…。

今日、たまたま立ち寄った古本屋さんで、偶然「設定資料集 EARTH」を発見!

一目見て、初版じゃないことがわかりましたー!(笑)

いやーこんなに違うもんなんですね!

さて、どっちが初版でしょう?(笑)

Setteisiryou_earth




それにしても……作り手のヤマトに対する愛が薄いよなぁ……と、感じてしまいます。

修正するなら、文字も同じフォントを使って欲しかった。

そもそも、普通に考えたらこれで初版本を発行するのもおかしなことですけどね(笑)

そうそう、2199の小説(上)も読みましたけど、あれもなんだかヤマト愛があんまり見えないなぁ…なんて感じてしまった私。

他の方はどう感じたんでしょうね……。






ここにもヤマトが。






今日はなんだか調子がイマイチで、予定を変更して一日ゴロゴロしてしまいました

本当は行きたいところがあったのですが、さすがにちょっとムリだなーと思いまして。

そんなわけで、もぞもぞと起きてきたのが夕方…ヲイヲイ(苦笑)

ご飯を食べたら復活してきたので、夕飯の後片付けをした後で本屋さんに行ってきました。



今月もいろいろと「2199」の記事が出ているということで、一応ひと通りチェックをしてきました。

「電撃ホビー」、「ホビージャパン」、「フィギュア王」にはそれぞれ数ページずつ記事が載っています。

内容としては第二章のPVのことやプラモデルのこと、その他既に終わったイベントに関する記事など…かな?

まだざっくりとしか目を通していませんが、そんな感じで共通しているように思います。

で、今日はガンダムエースの発売日でもあるので、漫画雑誌の置かれている方へ移動しようとうろうろしていると……

あれ?

今なんか、ヤマトが視界に入った気がする……。

ふと、右側に縦に並んでいる雑誌をキョロキョロと見回すと、意外なところにヤマトの姿がありました。

なんと、「建築知識」という、ヤマトとは一見無関係の建築関係の雑誌の表紙にバーンとヤマトが!

え……なんで???

と思って手にとって中を見ると、ヤマトの設計図をCADで描いている方の記事が載っていました。

記事中には、その方のブログのURLも載っていたので、帰宅してから早速拝見しました。

いやー素晴らしいです!

さすがに個人の方のブログなのでURLを載せることは控えさせていただきますが、興味のある方は雑誌をご覧になるか検索されると良いかと思います。

あ、もちろんお問い合わせいただければお教えいたしますよ♪

それにしても、思いがけないところでヤマトが載っていたりするとなんだか嬉しいですね。

気づいていないだけで、まだまだヤマトがどこかに隠れているかも…と思うと、本屋さんに行くのもますます楽しくなる気がします。

また何か発見できるのを楽しみにしたいと思います。




随分久しぶりになってしまいましたが、WEB拍手&コメントありがとうございました。

返事は続きにて。

その他、レス不要コメントもありがとうございました<(_ _)>








続きを読む "ここにもヤマトが。" »

ヤマトIII 絵本





昨日のヤマパの記事で少し触れたのですが、骨董市では数冊の本を購入しました。

実は、その本はすべて子供向けの絵本(笑)

2種類あって、片方は1冊あたり1500円~2000円もしましたし、自分の持っているものがどれだったかはっきりしなかったので、確実に持っていないものだけ買ってみました。

そのうちの一冊がこれ。



朝日ソノラマ 「宇宙戦艦ヤマトIII」1巻

Yamato3_ehon1




このシリーズの「永遠に」の何巻だったかを持っているのですが、「ヤマトIII」には今まで遭遇したことがありませんでした。

私が骨董市に行ったときには1巻しかなかったのですが、2巻もあったのかな?

でもまぁ珍しいものなので買ってしまいました(笑)



で…帰宅してから中を開いてみたわけですが。

ちゃんと主題歌のソノシートもついてます!

でもプレイヤーがないからもう聞けないじゃないかー

Yamato3_ehon2



さすがに子ども向けだけあって、ひらがなばっかりです。

確認してみたら、使われている感じは「一」だけでした

そして、なんだか時々絵もビミョーな感じ…か、顔が…(笑)

Yamato3_ehon3




話はそのままヤマトIIIですが、言い回しとかにアレンジが加えられていて笑えます。

いくつか抜粋してみましょう。



「うちゅうの どこかで せんそうが はじまったのです。 そして ミサイルが まちがって たいように めいちゅうしたのです。 たいようは、あと 一ねんで、ばくはつしてしまうのです。」

うん、戦争はとっくに始まっていたけどね。

太陽の核融合異常増進はたしかに説明が難しいよねー。



「 あげはは コスモタイガーたい、 りゅうすけは せいかつはん、 しょくじを つくるかかりだ」

食事を作る係…(笑)

いや、そうなんだけど…っていうか、なぜ土門だけ竜介って名前呼び?w


「りゅうすけは がっかりしました。」

わははは!

で、りゅうすけは、怒ってアナライザーを蹴飛ばしてしまい…


「りゅうすけ! わがままを いうな!!」

「そんなにくやしかったら おれと たたかえ」

「よし!こだいさん いきますよ!!」


ん~、なんてコメントすればいいんだー(笑)

そしてその後の古代くんのセリフ…

「りゅうすけ。しょくじを つくるのだって ヤマトのせんしの たいせつな しごとなんだ。 しっかり やってくれよ」

うん…間違ってないよね。

子ども向けになるとこうなるのかー。

もうね、笑うしかありませんってば(笑)



で、この絵本、ヤマトが発進して1巻が終了しています。

あー2巻が欲しい~(笑)

いやはや、子ども向けのは本当に楽しいですね。



それにしても、この本では土門くんの登場が多いです。

絵の数を数えてみたら、古代くんと同数だったよ…。

ちなみに、ユキちゃんはひとつ、島くんや真田さんはどこにもいません…寂しい。

というわけで、2巻が存在するのかどうかよくわかりませんが、もしあるのなら、いつかどこかで巡りあえるのを祈りたいと思います(笑)





今頃になって…





先月末に、「メガミマガジン2012年1月号別冊『ガンダムインフォEX』Vol.1」という雑誌が発売されまして。

ふーん、と読んでいたわけなのですが、その中の「皆河ゆかのガンダム者探訪・祝『ジ オリジン』完結 安彦良和インタビュー」に目が留まりました。

写真以外のインタビュー記事だけで5ページ近くあるのですが、安彦氏がヤマトに関わっている当時の思い出話…みたいな部分だけで約1ページ!

思い出話といっても、そのほとんどは故西崎氏とのことがほとんどですけど(笑)

ここ最近の安彦氏のインタビューでヤマトに関することをこれだけ載せているのはとても珍しい気がします。

さすがに内容を詳細に載せるのは控えますが、たぶん本屋さんのホビー雑誌のあたりに並んでいると思いますので、興味のある方は手にとってみてくださいませ。





さて。

前回の記事で、お取り寄せの美味しいお菓子の話は次回~なんて書いておきながらすっかり間が空いてしまいました

今週はずっと実家でお仕事だったのですが、実家に置いてあるノートPCの調子がイマイチ…さっきやっと帰ってきたので、早速愛機でブログを更新してたりします。

(帰ってきてまずやるのがそれってどうなんだ?っていう気がしないでもないけれど…w)

えーっと…お取り寄せしたものなのですが。

ひとつは届くのがちゃんとわかっていたのですが、もうひとつは結構前に注文していたのですっかり忘れていました(苦笑)

テレビで紹介されていたので、試してみよっかーと軽い気持ちで注文したのですが、やはりテレビ効果で注文が殺到したらしく到着予定日がかなり先になっていたんです。

まぁそれは想定していたので良いのですが、すっかり忘れちゃってましたよ(笑)

で、なぜかそれがもう一個のと同じ日になるとは…いやー焦ったなぁw

というわけで、すっかり忘れていた方のお菓子がこれ。

『富貴堂』 生クリーム大福

Namacreamdaihuku



どうやら現在は一時的に通販休止中のようですね。

やわらかくって美味しかったです♪

私は普通の生クリーム、黒ごま、チーズ、きなこ、小倉の5種類を頼んだのですが、個人的には小倉が一番好きかなぁ…。




そしてもうひとつ。

『最高級パン専門店 recette』の@japan(和菓子パン)

Recette_japan3



こんな箱に入って…

Recette_japan1



こんな感じ。

Recette_japan2



10年近く前にこの店のことを知ったときはまだ先着順販売だったんだよなぁ、たしか。

なので予約開始時間と同時に注文しないとあっという間に売り切れてしまってました。

その当時はたしか3種類ぐらいしかなくて、今月はこの1種類って決まってたような…。

とにかく気になるものは一度は試してみないと気がすまない性分なので、全種類買ってみたんだったかなぁ…よく覚えてないけど。

で、気が済んでしまったし(笑)、お取り寄せ熱が冷めた時期があったのですっかり忘れていたのですが、ふと思い出して調べてしまいました。

そうしたら紹介販売しか買えないなんてものがあるじゃないかー(笑)

でもどうやら創業月だけは紹介がなくても買えるらしい…ということで注文してみたのがこの@japanです。

でもねー高いんだよねー(滝汗)

仕事で臨時収入が入ったから自分へのご褒美のつもりなんだけど、そうでもなけりゃなかなかぽちっと出来ませんなぁ(笑)

高いものが美味しいとは限らないんだけど、これは美味しかったですよ♪

最近ちょっと思うんだけど…高級食材を使用して作られたお菓子って、味の系統が似てくるのかな?なんてね。

以前お取り寄せした、高級食材使用のお菓子と味の方向性が同じような気がしちゃって。

でも私はこの@japanのほうが好みかなー



おまけ。

今日、新幹線に乗る前にデパ地下で買っちゃいました。

『吉芋』の鬼まんじゅう~

Kichiimo_oniman



本当は覚王山の梅花堂の鬼まんじゅうが大好きなのですが、最近はこの吉芋さんも人気らしいので初挑戦です。

ここのは芋が細かいんだねー

夕食後のデザートにいただきたいと思います♪





花嫁さん




まあまあまあ…遠いところをよく来たわねぇ…。

うちみたいなところにお嫁に来てくれるなんて…もうそれだけで嬉しくて嬉しくて涙が出そうだわ…(泣)

え?

まろん家に息子はいないだろうって?

ええ、確かにそうなんですけどね。

でも、もしいたとしてもきっと食い意地ばっかりはってるバカ息子でしょうから、それならいないほうがいいんですよ(笑)

しかし不思議なもんですねぇ…そんな家なのにお嫁に来てくれるんですもの。

しかもね、とーってもヤマト愛に溢れているお嫁さんなんですよ。

だからね、大切に大切にしなくっちゃ!って思うんですよ…。




というわけで。

我が家にも花嫁さんがやってまいりましたよ~

花嫁さんは、夜汽車ではなくヤマト(のメール便)に乗って(笑)


77maru77さん作

文庫版『宇宙戦艦ヤマト復活篇妄想第二部 雪奪還篇』

Yukidakkanhen


素敵な白無垢姿は…まだ77maru77さんのところでもお披露目されていないようなので内緒w

77maru77さん、発刊おめでとうございます~

思い起こせば、77maru77さんとのご縁ができたのも、この『雪奪還篇』がとりもってくれたような気がします。

まさかこんな素敵な本に仕上がるとは…ずっと成り行きを見守っていただけに、私も自分のことのように嬉しいです♪

本当におめでとうございます!

そして、いーっぱい笑顔になれる本を届けてくれてありがとうございました!



というわけで。

ここをご覧くださっている方々のお手元には届いているのかどうかわかりませんが、とっても素敵な本ですし本当に面白いです。

ちょっとしたお遊び企画もあるようですし、“楽しいこと大好き~”な方にはぜひオススメいたします。

興味のある方は77maru77さんち「響鬼を語ろう」へどうぞ!







さて。

花嫁さんが我が家に嫁入りしたのは昨日のお昼頃。

実は昨日は午後から検査入院だったのですが、個室にテレビがないので時間をつぶせる本や雑誌を持参するように言われていました。

検査自体、寝ている間にデータを取るようなものばかりなので本当にヒマなんですよね…。

で、病院に行く前に本屋に寄って何か本を買おうかなーなんて思っていたのですが、絶妙のタイミングで『雪奪還篇』が届いたので迷わず持参しました。

いやー検査室が個室で良かったよー。

じゃなかったら、笑い声が出せずに苦しい思いをするところだったかもw

あ、でもね…ぷっと吹き出したと同時に看護師さんが入ってきたときはちょっと焦りましたけど…///



それにしても…“文庫本”という形で自分の本が出来上がるという喜びは相当なものだろうなぁと思います。

高校生の頃、友達と作った同人誌(といってもコピー本ですけど)が出来上がったときの嬉しさとか、作ってるときの楽しさとかを思い出してみたんですが、そのときですら相当なものだったんだから、それが文庫本となるとどのくらい感動するんだろう?ってちょっと想像ができません。

10年ぐらい前に、当時の友人たちとそのときの作品をちゃんとまとめようかっていう話が出て、本当は本にしたかったけれどあまりにも膨大な量だったり他にも問題があったりしてそのまま放置状態…。

なので、このような形で無事に発刊までたどりついた彼女の情熱と行動力にはただただ感服しています。

あーちょっとは77maru77さんの爪の垢でも煎じて飲もうかしら(笑)

最近すっかり創作意欲がなくなってしまっているワタクシですが、ちょっとはそんな意欲が復活すると良いなぁ…なんてね(笑)




さてさて。

検査を終えて、帰る前にホッとひといき。

久々にカフェでモーニング~

U_cafe_morning

窓際の席で外の景色を眺める姿は、「復活篇」・テラスで酒を飲む古代くんと真田さんの気分。

そして、コーヒーを飲みながら『雪奪還篇』をふたたび読みはじめ…。

うわっ。あ、あぶねぇ~

コーヒー噴出しそうになっちゃったじゃないかー

この本、場合によっては非常に危険です。

くれぐれも取り扱いにはお気をつけくださいませ(笑)





アニメピアノ組曲 宇宙戦艦ヤマト/機動戦士ガンダム




久しぶりに立ち寄った最寄り駅近くの古本屋さんで偶然発見!

保護してまいりました~


『アニメピアノ組曲 宇宙戦艦ヤマト/機動戦士ガンダム』

東京音楽書院 昭和58年1月25日発行

Gakuhu_yamato_gundam



同時期にコロムビアレコードから発売された同タイトルのアルバムの楽譜集です。

収録曲は以下の通りです。



「宇宙戦艦ヤマト」

・宇宙戦艦ヤマト~序曲・誕生~

・真っ赤なスカーフ~追憶・回想・イスカンダル~

・想人~大いなる愛・スターシャ・白色彗星~

・大いなる愛~デスラー孤独・好敵手・ヤマトより愛をこめて~

・試練・出発・決戦


「機動戦士ガンダム」

・翔べ!ガンダム~悲愴・そして決然と・長い眠り・安堵~

・戦いへの恐怖~ガンダム大地に立つ・颯爽たるシャア~

・シャアが来る・いまはおやすみ

・アムロの旅立ち~苦い勝利・平和への祈り~

・艦隊宇宙へ・戦場を疾風のように





ヤマトの楽譜は過去にご紹介したこれとかこれとかこれなんかがありましたが、この楽譜の存在をすっかり失念しておりました。

なので、古本屋さんで発見したときには思わず「うおーーーっ!」と声を出しそうになってしまいましたよ(笑)

近年出版されたものは別として、楽譜は元々持っている人が少ないし持っている方はなかなか手放さないと思うので、こうして古本屋さんでめぐりあうのは奇跡に近い気がします。

イマドキのアニメの楽譜の狭間にひっそりと佇むヤマト&ガンダムの楽譜…よくぞここに出てきてくれた!と涙が出そうでした。

30年ほど前のものなので、ヤケやしみなども若干ありましたけど、楽譜自体はまったく問題ありません。

保護できて本当に良かったです。

こういうめぐりあいがあるので古本屋さんめぐりはやめられませんね。

既に持ってるにも関わらずついつい保護してしまう場合もあって、それはどうかとも思いますが(笑)

でも「欲しい!」という方には少しずつお譲りしたりしているので、ちょっとでもお役に立てていれば良いかなーなんて思っています。

ま、それも自己満足といえばそうなんですけどね(笑)

また何か素敵なめぐりあいがあればここでご報告したいと思います♪




復刻版でるんだー





今日メールが来るまで知らなかったんですけど、7月1日に実業之日本社から石津版・小説の復刻版が発売だそうです。

検索するといくつか予約できるところがあるので、興味のある方は検索してみると良いかと思います。

価格は3150円ですって。

あー初めて読んだときの衝撃が甦る…(笑)




話は全然変わりますが。

夫が会社で招待券をもらってきたので、昨日は珍しくコンサートに行ってきました。

『ライフサイクルコンサート  #60   630コンサート~充電の1時間~ 

           鈴木理恵子(ヴァイオリン) ・北村聡(バンドネオン)』




1時間ちょっとの短いコンサートでしたけどゆったりしてきました。

このホールは初めて入ったんですが、なかなか良いところですね。

席が前の方だったのでどうかなーと思っていましたが、音はとても綺麗に聴けたと思います。

そういえば…前の席に小学生ぐらいの男の子がいたんですけど、その子が途中から思いっきり寝ちゃってまして…ガクッと大きく身体を揺らした時に肘掛部分に激突!

コン!と気持ちいいぐらいの音が響いてました(笑)

ところで、バンドネオンという楽器は初めてで、演奏の仕方とかを説明してくれたんですが、なんだかものすごく難しそう~って思ってしまいました。

音階を覚えるだけで大変そうだわ

そんな感じで、ついついバンドネオンの方にばかり注目してしまいました(笑)

そんな感じで、たまにはこういうのも良いですね♪



そうそう、前回の記事で書いた“ビスコッティ”ですが。

コンサートの後に同じビル内の成城石井にあったので買ってみました。

Cantuccini



帰ってからコーヒーを淹れて早速いただきました。

うん、なかなか美味しい♪

毎日ちょっとずついただきたいと思います







豪華本保護!





ゴールデンウィークですね~♪

旅行や帰省など、それぞれいろんな過ごし方をされていることと思います。

うちは夫の休みが暦通りなので、木曜日の夜に仕事帰りの夫と駅で合流して新幹線で実家へ行き、昨晩帰ってきました。

夫と一緒に帰省するときはいつも車なのですが、今回はおそらく帰省では初めて新幹線で移動しました。

いやー新幹線は楽ですねー(笑)

名古屋までのぞみで1時間半ちょっとだもの。

車で約5時間とは疲れ方が段違い!

その分、懐は少々痛みますけどねー(笑)

まぁこれも経済活動の一環ということで良しとしましょうか。



品川から新幹線に乗ったのですが、同様に仕事を終えてそのまま帰省する人などで駅は大混雑でした。

お土産ものは完売が続出!

おかげで買いたかったものがひとつ買えませんでした…

そんなわけで、今回のお土産は全部、『ねんりん家』の「ちいさなバームツリー」にしました。

Baumtree1


アメリカンドッグじゃないですよー(笑)

これでちゃんとしたバームクーヘンです。

今のところ、このタイプはここでしか買えないみたいです。

ちなみに…1日2回、数量限定でチョコがけ生タイプっていうのも売っています。

Baumtree_nama1

Baumtree_nama2


やわらかくてしっとりしていて、個人的にはそっちの方が好きです。

…あれ?なんだか最近、グルメブログっぽくなってる気がしないでもないけど…まぁたまにはいっかー(笑)




昨日は夫の家族とお昼ごはんを食べに行ったあと名古屋駅まで送ってもらったのですが、予約した新幹線まで時間があったので大須でぶらぶらしてきました。

ちょうど某店で「まんが祭り」をやっていたので行ってみました。

普通のマンガは棚に並んでいるけれど、ムック類は適当にケースに放り込まれてます。

で、そんなムック本のケースの山の中に何か掘り出し物はないかと探してみたら…


発見ーーー!!!

Aratanarutabidachi_goukabon


カバーに傷や傷みがあるものの、中身は経年劣化の範囲内程度です。

状態を気にせず、読めればいいっていうのなら十分です。

私はもう持ってるから必要ないんですけど、あそこに置いておくのが心苦しくてついつい保護してしまいました

カバーの傷みのせいでお値段がめちゃくちゃ安かったってこともありますけどね。

せっかく保護したので、どこか大切にしてくれそうな嫁入り先を探してみようかと思います♪





ヤマト亭の食事の正体は…?




早いもので、気がつけばもう4月。

あまりにもいろいろなことがあった3月…なんだかいろいろと考えてしまって正直疲れてしまいました

考えたところで、不安が消えるわけでも何かが解決するわけでもないわけで。

だとしたら、自分にできる範囲で協力できることは協力しつつ、祈る気持ちを忘れることなく毎日を楽しく過ごすのが一番かも、なんて思いました。

そんなわけで、とにもかくにも前向きに。

明るく楽しい話題で少しでも明るい未来につながっていくことを祈りつつ、このブログも元の路線に戻して行こうかと思います。



この春から夫の職場が異動になったことは少し前に触れたと思うのですが、その新しい職場近辺に行ったことがなかったので、そっち方面にお出かけしてきました。

で、そこに行く前に朝昼兼用で食事をすることにして、立ち寄ったのは築地~

こんなマグロ丼とか

Tsukiji1_2


焼きたての熱々ふわふわ玉子焼きとか。(夫のデカイ手が邪魔?w)

Tsukiji2_2



マグロを食べたにもかかわらず、帰りについつい中トロを買ってきちゃいましたよ(笑)

安くしてもらったんですが、こんなに安いってことは味はどうなんだろう?と思いつつ帰ってから食べてみたら…めちゃくちゃ美味しい!

口の中で溶けました~♪

っていうか、一日中マグロ食べてるって大丈夫なのか、自分(笑)

でもおいしいものを食べると幸せな気分になりますね。

食って本当に大切だなぁと、つくづく感じてしまいました。




食事といえば…アニメやマンガにもいろいろなお料理が登場しますよね。

ご存知の方もたくさんいると思いますが、ご存知ない方のために面白い本をご紹介してみます。

どんな本かというと…アニメやマンガに登場するお料理を実際に作ってみたり、作れるのかどうか、正体はなんなのか、を考察してみた本が出ています。

それがメディアファクトリーから出ている『空想お料理読本』。

今年に入って『空想お料理読本2』が出版されてるのは知っていて、落ち着いたらこのブログで話題にしようと思っていたんですが、いつのまにか文庫版も出てました。

この2の方にですね…ヤマトのも載ってるんですねー(笑)

第12章に「宇宙戦艦ヤマトの自動配膳される食事」としていろいろと考察されてます。

そう、パート1で古代くんがトレーを取って自動でトレーに食事がのっかるあのシーンの食事です(笑)

色や形状からどんな料理なのかを想像していて、なかなか面白いですね。

しかもトレーの形状から食べやすさの問題まで…(笑)

具体的にどんな内容かは記しませんが、興味のある方はぜひ読んでみてくださいませ。

この本には他にも「ガンダムのホワイトベースの艦内食」とか「ドラえもんのジャイアンシチュー」なんかもありますし、1の方には「999のビフテキ」とか「小池さんのラーメン」とか「ルパンのミートボールスパゲッティ」も載ってます。

ちなみに料理を作ってるのは料理研究家のケンタロウさんです。

なかなか楽しめると思いますよ♪

このシリーズ、本当に面白いなぁと思います。

まだまだ他のも出てくるのかな?いろいろと出てくると良いですねぇ。

楽しみにしたいと思います♪




実写版・ノベライズをざっくり読んでみた




実写版のノベライズが届きました。

映画まで封印する…なんていう方々もいらっしゃるとは思いますが、私は気にせずに早速目を通しましたよ(笑)

時間がなかったのであんまりしっかり読んだわけじゃないけれど、とりあえずざっくりと筋は追ってみました。

なるほどなぁ…。

オリジナルのエピソードを交えつつ、さらばっぽいシーンもありつつ…ヤマトであってヤマトでない。

そんな感じ?

パート1とさらばを融合させた二次創作だと思えば大丈夫だと思うけど(笑)

敵の描き方も、予想通りって気がするなぁ。

んー、あんまり書くとネタバレになっちゃうのでやめときます。



もうひとつ一緒に頼んでた「宇宙戦艦ヤマト 愛と勇気の金言集 ヤマトことば」も読んだけど、アドバイスというかなんというか、こういう時はこうしよう、みたいな文章のところどころに無理矢理感があって笑ってしまいました(笑)

いやーしかしまさかこの本が「アキバBlog」で紹介されるとは思わなかったです。

あのブログにヤマトが載る日が来るとは…萌え系の本しか紹介されないかと思ってたのに

恐れ入りました(笑)

http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51082203.html






より以前の記事一覧