おすすめサイト

ありがとう。





以前私も参加させていただいた、ポトスさんちの「宇宙図書館」にて、このブログを紹介していただきました。


「7thBOOKFAIR 秋の夜長に2011 改め From Spacelib. with LOVE」



いやー、あんなふうに書かれると、こっ恥ずかしいですね///

な、な、な、なんだか、ポトスさんってばかいかぶりすぎだよ~って言いたくなってしまいます(笑)

しかもワタクシの紹介ページの背景がスイーツいっぱい~♪

他の方々のページも拝見しましたが、皆様それぞれの個性がとってもよく出ているなーと感心しきりでありました。

いつも思うのですが、ポトスさんの観察眼は素晴らしいです。

過分なお言葉を頂戴し恐縮しきりでありますが、素敵なページを作ってくださってありがとうございました♪

この場を借りて御礼申し上げます。





さて。

このブログでもリンクをさせていただいておりますが、上述のサイト紹介でも紹介されている、77maru77さんの「響鬼を語ろう」が本日、閉鎖されます。

(今後は記録庫として残るとのことです)

そこに至るまでにきっと様々な葛藤があったことと思います。

77さんとの最初のきっかけはコメントだったのかメールだったのか…今となってはうろ覚えなのですがw、あのブログをきっかけにご縁も広がっていきました。

オンラインでの彼女の文章はとっても素敵で楽しくて、オフでの彼女もあのブログの雰囲気のままで、大好きです。

今後、新たな記事が更新されたり、コメントのやりとりはできなくなってしまうわけですが……たとえネット上でなくても、書くことはやめないでほしいなって思います。

たぶん、書くことの楽しさを十分知っているはずだから、それだけは続けてほしいな(って、勝手な願望ですけどw)

今はいろいろと難しいのかもしれないけれど、いつかどこかで何らかの形で再び彼女の文章を読む日が来るのを心待ちにしたいと思っています。

本当にお疲れ様でした。

そして、いろいろとありがとうございました。







読んでくれてるかわかんないけど……余裕があったら<続き>も見てね。

感謝の気持ちをこめて、1曲置いておきます。





続きを読む "ありがとう。" »

宇宙図書館 7th BOOK FAIR




もう皆様ご存知かとは思いますが。

ポトスさんのところの『宇宙図書館』にて“7th BOOK FAIR”が開催中であります。

今回のブックフェアでは、秋の夜長におすすめのコンテンツが集められています。

同人誌の紹介やオススメ本、お題による二次創作等、盛りだくさんの内容になっています。

で、私もひとつ、オススメ本の紹介文を載せていただきました。

普段、本のレビューとか感想文の類のものを書く機会がないので、慣れないことはするもんじゃないなぁ…と思ってしまいましたけれども(笑)

しかも、たぶん、私のイメージとは程遠い本を選んでしまったかも…(滝汗)

私なんてたいして読書家でもないし、感性も豊かじゃないので何を血迷ってるんだ…と笑われてしまいそうですが

本当に精通している方にはお叱りを受けてしまいそうですが、こんなことを思って読んでるやつもいるのね…と、生暖かい目で受け流していただければ幸いでございます。

というわけで、まだ足を運んでいらっしゃらない方はぜひぜひ遊びに行ってみてください。

あっ、私のは別に読まなくてもいいけど、他の方々ので楽しんできてくださいね~(笑)



花嫁さん




まあまあまあ…遠いところをよく来たわねぇ…。

うちみたいなところにお嫁に来てくれるなんて…もうそれだけで嬉しくて嬉しくて涙が出そうだわ…(泣)

え?

まろん家に息子はいないだろうって?

ええ、確かにそうなんですけどね。

でも、もしいたとしてもきっと食い意地ばっかりはってるバカ息子でしょうから、それならいないほうがいいんですよ(笑)

しかし不思議なもんですねぇ…そんな家なのにお嫁に来てくれるんですもの。

しかもね、とーってもヤマト愛に溢れているお嫁さんなんですよ。

だからね、大切に大切にしなくっちゃ!って思うんですよ…。




というわけで。

我が家にも花嫁さんがやってまいりましたよ~

花嫁さんは、夜汽車ではなくヤマト(のメール便)に乗って(笑)


77maru77さん作

文庫版『宇宙戦艦ヤマト復活篇妄想第二部 雪奪還篇』

Yukidakkanhen


素敵な白無垢姿は…まだ77maru77さんのところでもお披露目されていないようなので内緒w

77maru77さん、発刊おめでとうございます~

思い起こせば、77maru77さんとのご縁ができたのも、この『雪奪還篇』がとりもってくれたような気がします。

まさかこんな素敵な本に仕上がるとは…ずっと成り行きを見守っていただけに、私も自分のことのように嬉しいです♪

本当におめでとうございます!

そして、いーっぱい笑顔になれる本を届けてくれてありがとうございました!



というわけで。

ここをご覧くださっている方々のお手元には届いているのかどうかわかりませんが、とっても素敵な本ですし本当に面白いです。

ちょっとしたお遊び企画もあるようですし、“楽しいこと大好き~”な方にはぜひオススメいたします。

興味のある方は77maru77さんち「響鬼を語ろう」へどうぞ!







さて。

花嫁さんが我が家に嫁入りしたのは昨日のお昼頃。

実は昨日は午後から検査入院だったのですが、個室にテレビがないので時間をつぶせる本や雑誌を持参するように言われていました。

検査自体、寝ている間にデータを取るようなものばかりなので本当にヒマなんですよね…。

で、病院に行く前に本屋に寄って何か本を買おうかなーなんて思っていたのですが、絶妙のタイミングで『雪奪還篇』が届いたので迷わず持参しました。

いやー検査室が個室で良かったよー。

じゃなかったら、笑い声が出せずに苦しい思いをするところだったかもw

あ、でもね…ぷっと吹き出したと同時に看護師さんが入ってきたときはちょっと焦りましたけど…///



それにしても…“文庫本”という形で自分の本が出来上がるという喜びは相当なものだろうなぁと思います。

高校生の頃、友達と作った同人誌(といってもコピー本ですけど)が出来上がったときの嬉しさとか、作ってるときの楽しさとかを思い出してみたんですが、そのときですら相当なものだったんだから、それが文庫本となるとどのくらい感動するんだろう?ってちょっと想像ができません。

10年ぐらい前に、当時の友人たちとそのときの作品をちゃんとまとめようかっていう話が出て、本当は本にしたかったけれどあまりにも膨大な量だったり他にも問題があったりしてそのまま放置状態…。

なので、このような形で無事に発刊までたどりついた彼女の情熱と行動力にはただただ感服しています。

あーちょっとは77maru77さんの爪の垢でも煎じて飲もうかしら(笑)

最近すっかり創作意欲がなくなってしまっているワタクシですが、ちょっとはそんな意欲が復活すると良いなぁ…なんてね(笑)




さてさて。

検査を終えて、帰る前にホッとひといき。

久々にカフェでモーニング~

U_cafe_morning

窓際の席で外の景色を眺める姿は、「復活篇」・テラスで酒を飲む古代くんと真田さんの気分。

そして、コーヒーを飲みながら『雪奪還篇』をふたたび読みはじめ…。

うわっ。あ、あぶねぇ~

コーヒー噴出しそうになっちゃったじゃないかー

この本、場合によっては非常に危険です。

くれぐれも取り扱いにはお気をつけくださいませ(笑)