« プレミアム上映会&舞台挨拶 | トップページ | THE ORIGIN プレミア上映会 »

星巡る方舟






宣言通り、新宿ピカデリーの初日舞台挨拶回で観てきました~♪

いやーものすごい人でしたね!

物販列の行列は凄かった!

大して欲しいものはないしなぁ……なんてほざいておきながら、結局並んでグッズを買ってしまったのは私です……(笑)




舞台挨拶は上映後。

登壇者は森雪役・桑島法子さん、岬百合亜役・内田彩さん、桐生美影役・中村繪里子さんの3人。

そして司会は小林治さん。

プレミアム上映会が惨憺たるものだったのでw、安心して舞台挨拶を迎えることができました。

桑島さん、舞台挨拶に呼ばれたのはヤマトでは今回が初めてとのこと。

たしかにそう言われればそうですよねー!

ずっと待っていたそうで、とても嬉しそうなご様子でした。

そんな舞台挨拶の記事はいろいろとネットに挙がっているので、詳しくはそちらを参照していただくことにして…それにしても、鏡開きがあるとは思いませんでしたw

ちょうど、鏡開きの行われた中央通路の列に座っていたので、ここでやるのかー!とちょっとビックリ(笑)

すぐ近くを声優さんやヤマトガールズが通っていったので、とても間近で見られてラッキーでした♪




さて。

では、ネタバレ含む感想を少し、<続き>に置いておきますねー。

興味のある方はどうぞ。







賛否両論、いろんな意見はあると思いますが私は素直に面白かったです。

やっと活躍している古代くんが見れただけでも大満足。

世代交代というか、継承というか……そんなものを感じさせてくれましたよね。

次につなげるための物語、そんな風にしか思えない気がしていますけど(笑)

細かいところを挙げたらキリがないので、いくつか気になっているところを書いてみますね。



えーっと……実は「方舟」の中で一番気になったところがあります。

ダガーム「ヤマッテの首をとる!」

……ヤマトの首ってどこだよ、おい(笑)

艦橋部分全部ですか?

艦長室?

第一艦橋下あたり?

どこよ?

蝶ネクタイでも結んで教えてよ、ねぇ。

あ、ヤマトだけに赤いスカーフがいいかなぁ……。

(うわーっ、お、怒らないでっ!

鑑賞後、この話を友人にしたら笑われたのは言うまでもありません……(笑)



それにしても、野蛮なのに熟語に長けているってどうなのさw

ガトランティス人に漢字検定でも受けさせてみたいもんだわ(笑)




と、まぁ冗談はさておき。

OPとかかっこよかったですよねー。

今までの映像を見せながらのヤマトの音楽に、鳥肌が止まりませんでした。

古代くんと沖田艦長の艦長室でのシーンもよかったー。

今まで見たいと思っていた部分がいろいろ散りばめられてましたよね。

でもその分、二次創作っぽさは増していたような気がしないでもないですけどw



どうしても違和感が拭えなかったのは、ラストに流れていた「新銀河誕生」の音楽。

あの曲を聴くと、どうしても「永遠に」を思い出しちゃって……なんであの曲だったんだろう?

あれだけがどうしても疑問です。



バンダイチャンネルの先行配信を含め3回見ていることになるわけですが、毎回泣けてしまうところがあります。

本当に最後の最後、地球の地下都市・防衛軍でヤマトからの入電を伝える通信士の「ヤマトです!」っていうあの一言に毎回やられてしまいます。

あーなんか思い出すだけでじわーっと来るなぁ…。

きっと、これからも見るたびにあのシーンには弱い気がします(笑)

その後に流れるEDのおかげもあるのかもしれませんね。



というわけで、ちょっと思ったことをつぶやいてみました。

次に観るのは土曜日、名古屋の舞台挨拶になる予定です。

またなにか思い出したら追記してみたいと思います。




« プレミアム上映会&舞台挨拶 | トップページ | THE ORIGIN プレミア上映会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレミアム上映会&舞台挨拶 | トップページ | THE ORIGIN プレミア上映会 »