« 2014年8月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

舞台挨拶@丸の内ピカデリー




「追憶の航海」も2週目に突入ですね。

そんな今日18日(土)、丸の内ピカデリーにて舞台挨拶付上映回にて再び鑑賞してまいりました。

141018_2199tsuioku_marunouchi




丸の内ピカデリーでは舞台挨拶回のみの上映とのこと。

一回目が9:40~、二回目が13:00~だったのですが、一回目の方で鑑賞してきました。

予定では加戸監督も登壇者に入っていたのですが、残念ながら欠席。

というわけで、菅生隆之(沖田十三 役)、 井上喜久子(スターシャ・イスカンダル 役)、 水樹奈々(エンディングテーマ)の3名での舞台挨拶となりました。


ネットに出ている記事のリンクを一応載せておきます。

「Yahoo」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141018-00000016-eiga-movi

「デイリー」
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/10/18/0007429507.shtml

「スポーツ報知」
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20141018-OHT1T50162.html

「So-net」
http://news.so-net.ne.jp/article/detail/1019102/



えーっと……Yahooの記事で舞台挨拶の内容はほとんど載ってしまってます(笑)

なのでそちらを参照していただくのが一番わかりやすいのかなーなんて思います。



今までの2199の舞台挨拶などで菅生さんは拝見していましたが、井上喜久子さんと水樹奈々さんを間近で見るのは初めてでした。

最初の挨拶では、お三方ともが「こんなに晴れ渡った行楽日和の日に、紅葉を見に行くわけでもなく劇場に来てくれてありがとう」といった内容の挨拶に(笑)

また、井上さんと水樹さんのお二人ともとても仲が良さそうで、それが言葉の端々や雰囲気からしっかり伝わってきました。

あ、井上喜久子さん、一回目の舞台挨拶ではお約束の挨拶(17歳w)を封印予定だったようなのですが、せっかくなのでとちゃんとやってくださいました(笑)

水樹奈々さん、井上さんのことを「お姉ちゃん」って呼んでるみたいですねー。

と、まぁそんな感じの明るく楽しい舞台挨拶でございました。



二回目の方は参加していないのでどんな話だったのかわかりませんが、同じような感じだったのかな?

また情報を探してみたいと思います。



それにしても……「愛の星」も「BLUE」も本当に素敵な曲ですよね♪

ただ、水樹奈々さんの歌は高音が結構きついので歌うのが大変ですけど(笑)

「愛の星」と同様に、「BLUE」もカラオケでぜひ歌いたいと思います!w




わたしのマーガレット展





六本木ヒルズで開催中の「わたしのマーガレット展」にお友達と行ってまいりました♪

最初は、「追憶の航海」を一緒に……なんて話から始まったはずなのになぜこうなった?って感じなのですが(笑)

……いや、「マーガレット展」を振ったのは私のほうですね^^;

だって、等身大オスカル様を見たかったんだもの……(笑)





というわけで、会場は六本木ヒルズ森タワー52階という、高所恐怖症の人には心臓に悪い場所です。

(まぁ外の景色が会場からは見えないので大丈夫ですけどねw)

会場に到着したのは11時頃だったのですが、平日にもかかわらず結構な数の人が集まっていました。

年齢層は幅広かったのですが、99%以上が女性でした!

少なくとも私の周りにいた中では男性は一人しかいなかったような気がします(笑)



最初はシアターの部屋で4分ほどの映像を見るところから始まります。

マーガレットに掲載された様々な作品の名シーン等が次々と登場するのですが……マーガレット50年の歴史がありながらも、その世界観というか雰囲気というか、路線自体はさほど大きな変換はしていないのだな……と感じ取ることができるような気がしました。

そもそも私はマーガレットを購読していたわけではなく……なので、実際のところ知らない作品ばかりだったりしたらつまらないかも……なんていう不安も若干ありました。

でも、ふたを開けてみれば、「あーこれもマーガレットだったのかー!」っていう作品が結構多かった!(笑)

「ベルばら」や「エースをねらえ」、多田かおるや一条ゆかり作品はすぐに思いつくんですけどね。

「超少女明日香」とか「翔んでるルーキー」とか、「エリート狂想曲」に「赤い爪あと」、「白のファルーカ」……あぁ、挙げだしたらキリがない(笑)

実家にはきっとそのままあるはずなのに、すっかり存在自体を忘れていたマンガなんかも思い出したり……今度実家に帰ったら読み返さなくっちゃ!とか思っていたりします(笑)

展示されている作品を見つつ、お友達とその当時の思い出を話してみたり。

最近のは全然わかんないわー、なんて同じような会話が会場のいたるところから聞こえてきたり。

会場に集う人々それぞれの記憶を思い起こさせる展覧会だなぁ……なんて思いながら眺めておりました。




基本的に会場内は撮影禁止なのですが、撮影OKのフォトスポットも設けられています。

そのうちのひとつが「ホットロード」。

141017_margalet1




そして、これは絶対にはずせない「等身大オスカル&アンドレ」。

141017_margalet2





友人にこの写真を見せたところ、アルフィーのとある曲の歌詞が浮かんできたそうですw

たしかにぴったり~(笑)




展示の最後の部屋で圧巻だったのは、油性ペンで直接描かれたガラスの屏風!

あれは凄かったです♪



一通り鑑賞したあとはグッズ売り場をうろうろ……片隅に缶バッジのガチャガチャがあったのでやってみたところ、こんなのが出ました(笑)

141017_margalet7




その後は腹ごしらえ……ということで、せっかくだからとコラボメニューをいただきました♪


「爽子と風早のあったかホワイトシチューパン」

141017_margalet3



「たけおのホットドックセット」

141017_margalet4



「F4へ宣戦布告!!プティガトーアソート」

141017_margalet6



「ひろみとお蝶夫人の対決スイーツプレート」

141017_margalet5





ところで。

これをいただいていたラウンジの壁に、マーガレット展特別企画として24人の中からあなたが彼にしたいのは誰?という投票企画があったんですが。

なぜオスカルが入ってるの?……男じゃないってば!(笑)

ちなみに、公式サイトからのリンクを見たところ、15日現在でオスカル様は11位でした。

最終結果はどうなるんでしょうねぇ……(笑)







追憶の航海




大変ご無沙汰しております。。。

一応、元気にしています^^;

気がつけばもう2ヶ月も過ぎてるしー。

自分でもびっくりです……もう覗いてる人もいないかもしれないけど(汗)

しかも前回の記事はマゼランパフェの写真だけって……ええ、大阪のサマーフェスティバルに行ったので、そこからリアルタイムで写真だけ載せまして。

帰ってきたらまとめて記事にするはずだったんですけどね……おかしいなぁ(苦笑)




と、まぁそれはさておき。

あっという間に10月ですね。

いよいよ「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」の公開です。

私は今日、新宿ピカデリーの前夜祭に行ってきました。

見終わって……よく2時間にまとめたな~っていうのが率直な感想です。

2199を知らない人が見て理解できるかどうかはこの際置いといて(笑)

でもああいうまとめ方しかないだろうなぁ…とも思います。

というわけで、ネタバレ……といってもストーリーはもうわかってるからネタバレってほどでもないのですが、一応前夜祭の様子は<つづき>に書いておくことにします。

なーんにも知りたくないわ!っていう人はここから先はスルーしてくださいませ。

2199_tsuioku



続きを読む "追憶の航海" »

« 2014年8月 | トップページ | 2014年11月 »