« 旅行計画中 | トップページ | あの頃の未来 »

こんなところに2199ネタが…





今日は10日ということで、ニュータイプエースの発売日ですね。

うちの近所の本屋は軒並み10日にならないと店頭に並ばないので、フラゲできないのがちょっと残念です。

でも、一番近いショッピングセンターの中の本屋さんに必ず置いてあるのでとても助かりますけど。



さて。

まだ未読の方もいらっしゃると思うし、コミカライズの内容については特に語ることもないので省略しますが。

今月号で気になったのは巻頭の第3章の最新情報記事でしょうかねー。

ざっくり読んだだけで2つも誤記発見!

「ヤマト音楽団大式典」の記事で、“ヤマトサウンドを横浜で”なんて書いてあるから、横浜でもやるのかと誤解しそうになりました(汗)

それともう一点は、「帝都バレラス」が「帝都バラレス」になってるしー。

誰もチェックしなかったんでしょうかねぇ。。。

他は大丈夫だったような気がしますが、他にもあったりしてね(笑)




さてさて。

先日、ちょっと大きな本屋さんで何か面白そうな本はないかしら…と、うろうろしていたのですが、ふと日本史関係のコーナーで足を止め、いろいろと手にとって見てました。

で、ふと「これならわかる!『古事記』」なんていう本を手に取りました。

マンガや写真、図解でわかりやすく書かれているムックだったんですが…な、なんと!その本の中で「宇宙戦艦やまと2199」の文字発見~!(笑)

各章の間にはさまれているコラムのひとつに「アニメに登場する宇宙船や艦船の名称」っていうのがありまして、そこで思いっきり「2199」のことが書かれてました。

要するに「天の岩屋戸」伝説に由来する名前が登場するとか、暗号にアマテラスとかウズメが使用されてるとか…。

太陽系進入を知らせる暗号が「アマノイワトヒラク」だった、とかねw

さりげなくこんなところで触れられてるとは思わなかったのでビックリでした。

他には「ガンダムSEED」の艦艇類の名前とか「ガオガイガー」の艦艇の名前なんかが表になってたかな?

まぁほんのちょっとの記事でしたけど、この本自体もわかりやすくて面白い本だったので、興味のある方は本屋さんでチェックしてみてくださいませ。





« 旅行計画中 | トップページ | あの頃の未来 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅行計画中 | トップページ | あの頃の未来 »