« アホですみません。 | トップページ | しつこい~ »

ヤマトークナイト@横浜




昨晩、横浜ブルク13にて行われた「ヤマトークナイト」に行ってきました。

だいたいのことは公式ツイッターでつぶやかれている通りなのですが、そこに載っていないこととか補足を交えつつ、ざっくりとご報告したいと思います。

ただ、メモなども取っていませんし、あくまで記憶だけが頼りなので間違っている部分もあるかもしれません。

なのであまり細かい部分などは気にせず、こんな感じだったんだなーという程度で流していただければと思います。




横浜でのヤマトークナイト、まずは20時から第二章の上映がスタート。

その後若干の休憩&準備をはさんでヤマトーク、でありました。

入場時にアンケート用紙をもらい、監督やゲストへの質問などを記入します。

回収は上映の後ということで、そのまま第二章鑑賞です。

で…えーっとですね…やはり夜ということで、仕事帰りにお越しの方が大半だったわけで、たぶん皆さんお疲れだったと思うのですが……

お隣の男性が思いっきり気持ちよさそーに寝てらっしゃいまして(笑)

すやすや寝息…だけで済めばよかったのですが、途中から高いびきでございましたw

5話・6話あたりの戦闘シーンいっぱい!なところだったから良かったものの、そうでなかったら大変だったかも

(とはいっても、隣なのでやはり少し気になってしまったけどw)




さて。

上映が終わり、アンケート用紙が回収されます。

壇上にはポスターやらマイクやらがセットされ、客席の脇では録画用のカメラもスタンバイ。

セッティングができたところで音楽とともに司会の小林治さん、脚本の森田繁さん、出渕裕監督が登場です。

最初は監督と森田さんの出会いだとか、監督が実は住民票が置いたままだから横浜市民だとかそんな話題で始まりました。

出会いは20代だったけれど、仕事を一緒にしたのは「地球へ」だとか、2199に誘ったときの話だとかそんな話が続きます。

そのあたりはツイッターに出てるまんまなので省略しますが、その後はパワーポイントを使って画面に資料が映し出されたりしました。

そこに出ていた森田さんの脚本フォルダの数のすごいこと!(笑)

議事録とか、なんでもかんでもとってあるようで、いろんな資料が詰まっているようでした。

脚本も6稿、7稿ぐらい上げるそうなのですが、最後に監督が空欄になっている数字(敵との距離とか)を入れていたそうです。

細かい数字まで考えていると、そこだけで時間がかかってしまって脚本が進まなくなるから…という理由のようです。

森田さんは元々、別作品などでは設定の仕事とかを手がけていたそうで、型番とか略称とか、それっぽいものをいろいろと考えられたそうです。

例えば、ヤマトの「BBY-01」とか、「OMCS」(オムシス)とか、「SID」(ナビこちゃんw)とかですね。

その後は第二章で森田さんが脚本を担当された6話の話などが続きました。

基本的に森田さんは戦闘が派手な話を書かれている…なんていう話から、ガミラスの多層空母の話へ。

今回、ヤマトに艦載機を何機詰めるか、などを検証しながら構築しているそうですが、同様にガミラスの多層空母にもどれだけ詰めるかを検証中なのだそうです。

が、これが意外に数が少ないのだとか(笑)

ただやはりこだわりたい部分はあるそうで、でも新しいファンを取り込むには難しい部分もあるので、昔の自分が見て喜ぶような作品にしちゃいけない、という気持ちで取り組んでいると、そんなお話だったと思います。



そして、ふたたびパワーポイントにて映し出されたのは設定資料の一部です。

帝都バレラス、そしてガウン姿のデスラー総統~w

ガウンの腰紐の結び方までちゃんと設定されてました!

あとは総統の周りにいた女衛兵?とヒスの設定画などが見られました。

そして、初公開と思われる資料ですが、各章各話の担当脚本家の一覧表です!

サブタイトルは抜かれていたので詳細は不明ですが、森田さんは戦闘が派手な回を担当…ということで、6章の19、20話が森田さんの担当でした。

さて、戦闘の派手な話というと…いろいろと想像ができますね(笑)

最終話26話は監督が脚本になってた…かな?




さて、ここからはアンケートから抜粋された質問コーナーです。

ラーレタが抱いている動物は?という質問があったのですが、猫っぽいけれど特に設定は考えられていないのだそうです。

これから設定を考えるとかなんとか…(笑)

で、ラーレタは男だそうで、元々の美男司令もオネエ言葉を使っているからあんな風になったとかw



「宇宙海軍カレー」の商品化については、前向きに検討っぽいです(笑)

マクロスFのやつみたいのならすぐに出来るから…という話です。

あとは…ツイッターには載っていなかったのですが、古代くんと島くんの誕生日の由来についての質問がありました。

古代くんについては七夕を意識したようです。

それに深い意味があるのかどうかは不明…どうなんでしょうね?

監督も「織姫と彦星ってことになると…ん~雪が…まぁいいや」ってなんだか誤魔化して終わっちゃいましたし。

ん~わざとなのかなんなのか…(笑)

そして、島くんの誕生日ですけど。

「8月15日って終戦記念日だっけ?なんでこの日にしたんだろう?覚えてないな~」

って…えーそうなの?

あまり深い意味はないのでしょうかねぇ…よくわかりませんが。

これも後から設定を考えますとかなんとか言ってた気もしますが、誕生日についてはその程度のお話しかありませんでした。

あとは第一艦橋と第二艦橋の使い分けの話などがあり、最後に一言ずつ挨拶をされてお開きとなりました。



10月の第三章でもヤマトークナイトは開催予定とのこと。

新宿の日程は決まっているそうですが、他の会場等については未定なのだとか。

第三章ではゲストに宮川彬良さんをお迎えして音楽の話をされる予定のようです。

予定が合えば、第三章のときにも参加したいなぁと思っています。



というわけで、本当にざっくりとしたレポでした。

個人的には、話を聞きながらふと思ったことや感じたことなども若干ありましたけど、それはまた何かの機会に気が向いたら書いてみようと思います。




……それにしても、横浜ブルクは相変わらずシートが良いなぁ。

ここの座席は肘掛が両側にあるし広いし長時間座ってても疲れなくて好きです。

と、余談でした(笑)













« アホですみません。 | トップページ | しつこい~ »

コメント

島くんの誕生日が終戦記念日な件。

……ま、深くは考えてないって感じはしたけどな(遠い目)。

なぜか二次創作では5月が多い島の誕生日ですが、私はこだわらないから別にいーや、って思ってましたw

(けどな〜〜。……「覚えてないな〜」って、w監督。
あはは、あは。)

ERIさんは食いついてくださると思ってました>誕生日w

>二次創作では5月が多い
えーそうなんですか?
なぜでしょう?
星座とかのせいかしら???

>「覚えてないな〜」
もうね、私も「えええっ!そりゃないよ~…」って絶句しましたよw
設定したときには何か考えがあったっぽいのですが、忘れちゃったそうです。
後に設定資料とかが出たときにはきっと何か理由付けがなされていることでしょう(笑)
どんな言い訳になるのか楽しみですw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アホですみません。 | トップページ | しつこい~ »